--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'06.17.Thu

クリスピークリーム

残業で疲れて甘いものが食べたくなったので
買って帰って、濃いめの紅茶と一緒に頂きました。

オリジナルグレーズド

渋谷のクリスピークリームは平日の夕方に行くとそんなに並ばず買えます。
待っても3~4組くらいのお客さんが前にいる程度なので、迷っている間にすぐ順番が回ってきます。
出来たてオリジナルグレーズドの配布も時々遭遇します。

やっぱり出来たてが一番美味しい(*´ω`*)

持って帰るときも早めに食べた方が美味しいと感じます。
深夜に食べるのは体にもよくないしね…


紅茶はルフナです。
濃いめに入れたけど、ルフナも甘めの香りが立つので、
違うお茶にすればよかったかも。

スポンサーサイト
紅茶・お茶:  トラックバック(-)  コメント(0)
2010'05.30.Sun

スコーンとアイスティー

スコーン


スコーンミックスで作った簡単スコーンです。
お手軽で美味しい!

ミックスのレシピ通りではなく、
レビューで書かれてた方のアレンジレシピで作りました。
牛乳大さじ4→ヨーグルト大さじ4
あと塩をひとつまみ。
牛乳でつくるともう少ししっとりふわっとした感じになるのかな?

クロテッドクリーム(中沢)と、弓削瓢柑のジャム(飯島商店)で頂きました。
スコーンには、クロテッドクリームと
マーマレード系のジャムを付けるのが好きです。

飯島商店の弓削瓢柑は爽やかな味わいで食べやすくて、
酸味苦味はあまりありません。さっぱりめ。
甘みも控えめでヨーグルトに入れてもトーストに載せても美味しいです。

もっとどっしりしたマーマレードも好きですが今はストックがありません(笑)

アイスティーは、イギリスで買ったTea Palaceのアールグレイ。
お湯で濃いめに出して氷いっぱいのグラスに直接注ぎました。

Tea Palaceの紅茶缶、紫色で可愛いです。


紅茶・お茶:  トラックバック(-)  コメント(0)
2009'12.18.Fri

クリスマスキャンドル

先週の土曜日に友人の家に招待されて
お手製の料理とパンをご相伴にあずかってきました。


料理が好きな彼女が作ってくれたグラタンと
彼女の旦那様こだわりのくるみパンで少し遅いランチ。

まったりお話しながら、持参した紅茶を淹れておやつに堂島ロール
紅茶は、友人のお願いで持っていった私のとっておきです(笑)
マリアージュ・フレールのシンブーリ(2009FF)
一番初めの強烈な印象が忘れられず、

他のリーフを色々試すようになった今でも
やっぱり私のなかで一番のとっておきです。
緊張しちゃってあんまり上手に淹れられなかったんですが、
そこはリーフのもともと持ってる美味しさに助けられ
紅茶を好まない旦那様にも美味しく飲んでもらえたみたいで良かったです。

お夕飯は鶏つくねの豆乳鍋を頂きました。
初めて豆乳鍋を食べました。
思ってた以上にあっさりした味で食べやすく
彼女のお手製のつくねがすごく好みの味で、
ついついお腹いっぱい食べてしまいました。

夜遅くまでお邪魔してしまったけどとても楽しかった。

最後にお土産まで頂きました。

バームクーヘンとクリスマスキャンドル

モンシュシュのバームクーヘンと、水色のクリスマスキャンドル。

キャンドルホルダーすっごくかわいい!
甘くないクールな色合いの水色と、シルエットの動物がとても好みです。
さすがのセレクト。
彼女のお家には色違いでピンクが飾ってありました。
ピンクも甘すぎずふわふわしすぎずの大人っぽい色合いで
インテリアにとても合ってました。

モンシュシュのバームクーヘンは家族でぺろっと頂きました。
びっくりするくらいしっとりしています。
しっとりして柔らかい食感に、上品な甘みと舌触りで
4分の1欠片をあっという間に食べてしまいました。

ごちそうさまです。

紅茶・お茶:  トラックバック(-)  コメント(0)
2009'10.19.Mon

紅茶のタグ

紅茶の贈り物

友人に紅茶のおすそ分け。

せっかくなので、銘柄ごとに中身を書いたタグを作ってみました。

紙タグと同じ大きさに薄紙を切って
重ねて、ハトメで留める。
トリコロールの紐を通して瓶ごとに結びました。

う~ん…タグ大きすぎた!笑


紙タグに罫線のハンコ、
薄紙に葉っぱのハンコを
作って押してみました。

葉っぱはかわいくできたと思う~♪

罫線がまだまだガッタガタ!^^;

直線はごまかしがきかないので
練習あるのみ!ですね。



パッキン付きのガラス瓶はナチュラルキッチンで購入。
中身の識別にもなるように色違いのレースのマスキングテープで飾りました。


紅茶・お茶:  トラックバック(-)  コメント(0)
2009'09.19.Sat

森の恵み

森の恵みのタルト

ジークレフのティーサロンで季節限定タルトを食べに行ってきました。

最近発売されたhanakoの表紙を飾ったりしてたから
混雑して入れないかも…と心配してたけど
タイミングよく席が空いててすぐ座れた!ラッキー♪

期待のタルトはサクサクと食感がよくて
ナッツの香ばしさもよくて、美味しかったです。
でもボリューム満点で、あとちょっと甘かったかな…?

一度食べたら満足、というかんじのお味でした。
以前の限定で、紅茶のアイスクリームが乗ったワッフルがすごく美味しくて感動したので
またああいうのを楽しみにしてたんだけど…

次に行く時は、やっぱりスコーンにクロテッドクリームとジャムを頂きます。
定番こそがおいしい。
ジークレフのスコーンは絶品です。
紅茶・お茶:  トラックバック(-)  コメント(0)
2009'02.15.Sun

「おちゃらか」でお茶

生まれてからずっと吉祥寺の近くに住んでいるのに、
吉祥寺のことはあんまり知らない

それも勿体ないかと思い立って、
吉祥寺マップみたいな雑誌を1冊買って読んでみました。

昔と違って今は吉祥寺特集の雑誌が多いから情報収集には困らないですね~(笑)


気になったのが、「おちゃらか」
フランス人のオーナーさんが提案する緑茶の世界。
日本茶ベースのフレーバーティーとかを扱ってるお茶屋さん、喫茶もあります。


面白そう~、と思ってて
中道通りに買い物のついでに寄ってみました。


おちゃらか


私が注文したのは季節限定の「さくら茶」
湯呑に注ぐとふわ~と桜餅の香り!
桜の塩漬けだわ、とかそんな言葉の前に「桜餅!」と思ったのがちょっと恥ずかしい(笑)

チョコレートケーキもしっとり濃厚で美味しかったです。

一緒に行った妹が頼んだ「ゆず茶」もさっぱりした風味ですごく飲み易かったです。
(これは緑茶ベースじゃないみたい)

お茶にナッツが付いてるので、
甘いのとしょっぱいのと交互に味わえるおかげで
食べやすくて飲み易くて、ゆっくりできます。

運のいいことにソファ席がたまたま空いていて
そこに案内されたもんだからほんとにのんびりさせてもらいました。

煎茶は何煎でも飲めるものらしく、1杯のオーダーで
さくら茶は4杯、ゆず茶は5杯分頂きました。すごくお得感(笑)


喫茶の一番人気「モンブラン」は、
自分たち以外のお客さんほぼ全員がモンブランを
食べていたってくらい人気らしかったけど
お昼の後だったのであまり小腹が空いていなくて今回は諦めました。
チョコケーキもすごい美味しかったし満足。

また次に行くときはモンブラン狙って行こうかな。


ところで昔に比べて中道通りの混雑具合ったらない!驚いた~…
いろんなお店がたくさん並んでて、賑わってました。
嬉しいような寂しいような…?(笑)
紅茶・お茶:  トラックバック(-)  コメント(0)
2009'02.10.Tue

梅のお茶

梅茶

パッケージが可愛い!と一目惚れして買いました。

加賀棒梅茶(写真右奥)はサッパリな味でまぁまぁ飲み易かったかな。

梅の緑茶(写真左手前)は…ちょっと……

香料の味という感じで、梅らしくも緑茶らしくもなかった気がします。
私はちょっと苦手だなー…残念。

紅茶・お茶:  トラックバック(-)  コメント(0)
2009'02.02.Mon

TWININGS

近所の輸入食品店でトワイニングが安くなっていたので
仕事の時に飲む用に買ってみました。

トワイニング

プリンス・オブ・ウェールズ(黒)と
レディグレイ(青)

数年前にプリンス・オブ・ウェールズのリーフ200g缶を貰ったんだけど
初めて缶を開けた時にふわっと漂った香りが
「なんて埃っぽい芳香!(笑)」
って衝撃的でした。

埃っぽい、というか…アンティークっぽい?
燻したような香ばしいような茶色いイメージの香りがして、
古いマナーハウスの物置部屋に入り込んだような印象(笑)
曲がりなりにも王子様の名を冠する紅茶とは思えなかったです。

ところがこれが、飲んでみて
なんとも癖になる、濃い味わいだった記憶があります。
濃い味は淹れ方が下手で葉の量が多かっただけかもしれないけど
初めは「やっぱり埃っぽい…」と笑っていたのが
飲み易くていつのまにか止められなくなって
あっという間に一缶終わってしまいました。


プリンス・オブ・ウェールズをwikiで引く
-----
プリンス・オブ・ウェールズは、紅茶の銘柄。
スコーンとの相性がよいとされる。
中国安徽省産のキーマンやアッサム等をベースにしたブレンドで、
多くの商品にはクロスグリがアクセントとして加えられている。
茶葉の香りを楽しむ為に、最も適した飲み方はストレートとされる。
その香りと味から「紅茶のコニャック」とも呼ばれる。

イギリスのトワイニング社が発売しているブレンドが最も有名であり、
ランの花を思わせる独特の香りを特徴とするが、
2007年現在トワイニング社の英国内市場向け商品リストには含まれていない。
20世紀初め、イギリス国王ジョージ5世の長男エドワードが
皇太子(プリンス・オブ・ウェールズ)時代に、
パーソナルブレンドとしてトワイニングに作らせたとされる。
-----[Wikipedia]


え…?ランの香りなんてしたっけ…?

どうも私は嗅覚があんまりよろしくないみたい(笑)

数年前の記憶なんで、今回はランの香りまでじっくり楽しみたいと思います。
とはいえ、紙箱+ティーバッグだけど。
プリンス・オブ・ウェールズの黒缶と金地のデザインがかっこよくて好き。


もったいなくて捨てられないままだったので、
親戚から大量に頂いたキームン(キーマン?)入れて普段用に使ってます。


レディグレイは初めて。

試しにレディグレイを飲んでみました。
すっきりした味?
お花の風味がする気がして女性的な印象。
飲みやすくていいですね。

トワイニング日本公式サイト(片倉物産)

ちなみに買ったティーバッグは片岡物産輸入のシールではなかった…
開けてみたら個包装の仕様が違うみたい。
だから安かったのかな?
まぁ仕事場で飲む用なのでこだわらないし、安くてありがたいから(・∀・)イイ!!
紅茶・お茶:  トラックバック(-)  コメント(0)
2009'01.25.Sun

マリアージュ フレール

憧れのマリアージュフレール銀座本店に行きました。


紅茶は前からずっと好きだったけど、別に拘りがあるわけでなし
単にコーヒーが苦手で飲めない(ラテとかにすると飲める)から
紅茶を好きになった、という程度の「好き」でした。
分かるのはダージリン、セイロン、アッサム、アールグレイくらいだった。

たまたま少し前に入ったお店の紅茶のメニューが
「茶園を選び、シーズンを選ぶ」という方式で、初めて
紅茶にシーズンがあり、農園ごとの違いがあるということを知りました。

それで興味が湧いて、紅茶について調べて最初に行き当たったのが

MARIAGE FRERES
フランス流紅茶専門店


です。

マリアージュフレール銀座

この店構え!
ここだけまるでヨーロッパ。フランス、パリそのものじゃないですか?!
なんて美しい!ロマンティック!
銀座とはいえ、この雰囲気に圧倒され、興奮しました。


何から買ったらいいか分からないので、
・ダージリンが一番好き
・ファーストフラッシュ(春摘み)を飲んでみたい
と、店員さんに相談

その店員さんの一番オススメの春摘みダージリン(2008年もの)が
ちょうど入荷したとのことで、それを貰うことに。

でもちょっとお高いお値段だったので(笑)50gだけにしてもらって、
もう一つ少しお手ごろ価格のダージリンも50g詰めてもらいました。

シンブーリとブルームフィールド

シンブーリの爽やかさといったら、言葉に表しようがありません。
感動しました。

紅茶を淹れるのが下手な自分が淹れたものでも、
「このお茶おいしい!」とはっきり分るほどです。

値段が値段だけにガブ飲みできないけど、
飲み切ったらきっとまた買いに行きます。

紅茶・お茶:  トラックバック(-)  コメント(0)
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。