--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2011'03.31.Thu

お世話になった万年筆のお店

お世話になった日本橋丸善で何か万年筆に関するお買いものをしたいのだけど
万年筆はどうしても欲しいってものが今は見当たらなくてね。
香梅も鳩羽鼠ももう無いみたいでね。
↑置き場が変わっただけでまだ日本橋丸善で買えるようです。Twitterにて教えて頂きました(*´ω`*)
そういえば珍しく雪明がまだ在庫あるんだけど、
前から興味あったインクなんだけど、
……またセーラー青系インクじゃないか!w

雪明はネットではもうほとんど見当たらない。
珍しい薄いやさしげな水色系だけど、実際使う時どうなんだろう?
薄くて文字が見えないような…気がする…。
「雪明」っていう名前と字面が好きなんだけど使い勝手に悩んで躊躇うなー…。
ちなみに日本橋丸善には限定プレラが余裕で残ってた。
色彩雫のミニボトルセットも揃ってたような気がする。

色見本が好みだったら香梅、好みじゃなかったら色彩雫のセットを狙おうかな。

ところで、丸善って以前限定で桜花ってインクも作ってたんだー…(´・ω・`)
見てみたかったなぁ…



(このエントリーは、この日のTwitterでのツイートをまとめたものです。)

*************************
↓ランキングに参加しています。
よかったらクリックしてください。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

スポンサーサイト
万年筆:  トラックバック(-)  コメント(0)
2011'03.26.Sat

麗しのスーベレーンM400青縞

M400受け取ったー!(*´∀`*)
キラキラ美しい青縞の軸、
金トリムを引き立てる黒天冠、
400の細身なサイズをしっかり見せてくれる黒キャップ、
全体を引き締めるバイカラーニブが青縞によく合う。
何をとっても可愛いかっこいい愛しい嬉しい!!

そういえばフルハルターさん混んでた。
閉店1時間ちょい前だったせいかな?
私が店内に居たのは5分くらいで、先客2その後1名で自分入れて4人。
感慨深く浸る時間も雰囲気もなかった(笑)でもそれも面白かった。

今夜はM400とのランデブーが待ってるんだぜい+(゜∀゜*)
インクは何を入れようかな?
モンブランロイヤルブルー、ペリカンBB、海峡ブルー、摩耶ラピス、時雨、塩屋ブルー、蒼天、夜明だと
最初はぱきっと鮮やかな青がいいな!


あれ?いつの間にか4000ツイート超えてた。
すわ記念すべき4000はM400購入報告だったんじゃない?!Σ(゜∀゜*)って思って
数えたら3999で、4000は混んでた報告だった(´・ω・`)


(このエントリーは、この日のTwitterでのツイートをまとめたものです。)

*************************
↓ランキングに参加しています。
よかったらクリックしてください。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

  ←楽天最安の17800円(税込・送料込)だった。ボトルインク付でも18300円。

  ←初めて買う・人に贈るならペン先交換サービス特典の方が安心だと思う。
万年筆:  トラックバック(-)  コメント(0)
2011'03.24.Thu

フルハルターでスーベレーンを買う - 万年筆の誘惑

趣味文のバックナンバーでフルハルターさんのインタビュー記事に
初心者にこそ来てほしい、って書いてあって、
「万年筆に手が慣れて使いこなせるようにならないとフルハルターに行けない(敷居が高くて行ってはいけない気がする)」と思ってた自分には衝撃的だった。


万年筆にハマった当初から、
自分にとっての憧れ、ひとつの到達地点、いつか必ず欲しいと思い続けたペンが
ペリカンのスーベレーンの青縞軸だった。
欲しい欲しいと割と本気で思いながら、何故か手を出さずに
あれやこれやとちまちま他のペンを買っていたら、
いつのまにかM400が買える金額をトータルで越してたことに気づいて、
「……なにやってんだろう?」とふと思った。

ペリカンの天冠がこの春に新天冠に移行する、という話は以前から見知っていたけど
まだまだ平気じゃない?なんて思ってた。
質感としてプリントよりも金属天冠がいい、というのも分かる。
でも個人的な好みで、M400の青縞×金トリムには黒天冠(金プリント)が
全体のデザインバランスを引き締めてて可愛いと思っているので、
旧天冠でそのうち買おう…、なんて思ってたら

ネット販売はもうほとんど新天冠に切り替わってるらしい

とツイッターで知って、唐突に焦り始めた。
いま黒天冠が買えるのは、そのお店が旧天冠在庫を持ってる場合のみ。
最初はネットの安いお店で買っちゃおうかな?と思ってたM400も
新天冠では困る(嫌だ)のでウダウダ迷っていた気持ちが吹っ飛び、

大井町へ行ってきました。
M400青縞×金トリム注文してきました(*´∀`)

フルハルターでは400も405ももう新天冠に切り替わっちゃったそうです(´・ω・`)
旧の在庫があるか聞いてみると森山さんが親切に仰ってくださいました。
4月頃、101の入荷があると通常のラインナップの納期に時間がかかる…とのことだったので、もしこれから行くなら101時期を避けた方が良さそう。
(フルハルターさんのHPにも記載されています)

スーベレーンすっごく楽しみです(*´ω`)
入れるインクを何にしようかと今からワクワクしてます。


(このエントリーは、一部、この日のTwitterでのツイートをまとめたものです。)

*************************
↓ランキングに参加しています。
よかったらクリックしてください。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
万年筆:  トラックバック(-)  コメント(0)
2011'03.21.Mon

趣味の文具箱バックナンバー(タイトル変更) - 万年筆の誘惑

書店に趣味の文具箱のバックナンバーが残っていたので並んでた12号~17号まで一気にまとめ買い。

2008年発行の12号をとりあえずさらーっと読んだ。

パーカー75のラピスラズリ可愛い! Σ(゚Д゚)ガーン
デュオフォールドのマーブルブルー、ラピスブルーに加えてほしいものが増えてしまったじゃないかばかばかばかウワァァァンヽ(`Д´)ノ
2008年の内容なんて、今から「これ欲しいんですけど…」とか在庫問い合わせすらできないよ(笑)


趣味文バックナンバー、さら読みの続き。
13号。
名古屋の三光堂さんが載ってた~(*´ω`*)
こんな店内なんだ~
行った気分になれてすごく嬉しい。大好き三光堂さん。

三光堂さんは、「星に願いを」のお店。
以前「星に願いを」のお礼状を三光堂さんへ送った、という記事を書いたんだけど、
実はその後、お礼のお礼状をいただいた!
喜んでくださったこととか、このブログを読んでくださったこととかが書いてあって、
自分の気持ちが伝わったことが嬉しくて嬉しくて、ますます三光堂さんを好きになった。

いつか名古屋に行くことがあったら、絶対三光堂さんにはご挨拶に行きたい。


(このエントリーは、この日のTwitterでのツイートをまとめたものです。)

*************************
↓ランキングに参加しています。
よかったらクリックしてください。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
万年筆:  トラックバック(-)  コメント(0)
2011'03.20.Sun

万年筆を護るもの。1本差しのペンシース

万年筆を買う前から、

万年筆を買ったらカンダミサコさんのペンシースを買う

と決めてた。


万年筆をコレクションするつもりはなかったので、
ディスプレイを兼ねたようなかっこいいコレクションケースは不要に思えたし、
専用のペントレーを置くほどのスペースは机の上にない。
万年筆を引き出しの中のトレーに入れる時も、
用があって持ち出す際に普段のペンケースに入れる時も、
1本差しのペンシースに入れておけば、他のペンとぶつかって傷がつくことがないので安心、という考え。


カンダミサコさんの1本差しのペンシースはやわらかい革で出来ている。
でもペラくなくてしっかりペンを守ってくれる厚みと柔軟さ。
くるんとしたシンプルな形が好みで、
カンダミサコさんのロゴのアクセントも可愛くて、すごく気になってた。
色展開も豊富なので万年筆ごとに決まったペンシースを用意したいって思ってた。

革は天然のものなので、シボやシワの大きさなどは全部一点ずつ違う。
私は、革はなるべくボコボコしてない方が好み(シボが小さい方が好み)で、滑らかな表面の方がいいと思ってたので、できればお店で選びたかった。
色もたくさんあるなかで自分のペンに一番合うものを選びたかった。

でも東京では取り扱ってるお店がない。
ネット通販できるお店がいくつかあるけど、いざペンシースを買おうと思った時は
たまたま気になっている色の在庫が色欠けしてる状態だった。

そんなわけで意を決して、カンダミサコさん御本人のWEBサイトからオーダーすることに。

ありがたいことに、ペンシースのような小物でも革のサンプルを頂くことができた。
最低でも3本まとめ買いするつもりだったので(笑)、候補の色を伝えてサンプルを頂き、
結局この4色に決めた。

カンダミサコさんのペンシース

手前からドイツシュリンクの「エッグシェル」「ジーンブルー」「ブルー」
一番奥がSCバッファロー「ネイビー」
エッグシェルとネイビーはロゴが金箔押し。


SCバッファローのネイビーは、この時ネット通販のお店でも扱っていなくて
カンダミサコさんのところでオーダーして作ってもらえるお色だった。

このネイビーは、いつかペリカンのM400青縞を買う時のためにと前もって用意したもの(笑)
この濃い紺の革と金箔ロゴが、スーベレーンの青縞×金トリムにぴったりだと思うんだ!

ペンシースと万年筆

エッグシェルには三光堂さんオリジナルの「星に願いを」
ジーンブルーにはペリカンの「M620コンコルド広場」

ちなみに、M620は余裕で入ったんだけど、
星に願いをはベースがセーラーのプロギアなので最初に入れるときはちょっとキャップの径がきつかった。
でもちゃんと入るし、革はやわかいので馴染む。

カンダミサコさんのWEBページに記載されている説明によると、
「使用可能なペンのサイズは、
太さ直径15mmまで、長さは140mm前後、クリップの幅が8mmまでとなっております。
<参考>LAMY DIALOG 3やAURORA OPTIMA、ペリカンM800程度まで」
とのこと。

ペンシースのなかにクリップを留める小さな輪があるので、逆側からすとーんと出てしまうこともない。
このクリップ留めの輪は、ペンシースの左右の口によって深さが変えてあるのもいい。
軸の長いペンは輪が浅い側(ロゴの反対側)から入れるといいんだと思う。たぶん。

ペリカンがこっそり見えて可愛い

ペンを仕舞うと、ちょこんと天冠が見えるのが、とてもとてもたまらなく可愛い。



このペンシースが手元に届いたのは、3月10日。
その日のうちに大事な2本をペンシースに仕舞った。
翌日の震災で私の机は、隣接してた本棚やスチールラックのものが全部ぐちゃぐちゃに崩れてとんでもないことになってた。崩れて山積みになった物の下から必死に万年筆を探した。
「星に願いを」が無傷で済んだのは、ペンシースのお陰だったと思う。


カンダミサコさん(オーダーで鞄や小物などの革製品を作っていらっしゃいます)
ペンシースは「小物」のページの「ステーショナリー」のカテゴリのページに載ってます。

カンダミサコさんのペンシースを取り扱ってるお店
分度器ドットコムさん
文具好きなら御存じの有名なWEBショップさん。
ペンシースの新色入荷してた!!!
「ミコノス」と「パールグレー」気になる!
ブルーとジーンブルーの中間色っぽいミコノスはかなり欲しいかも。
パールグレーも落ち着いた風合いと優しげな明るい色で使いやすそう。
パールグレーにピンクのペンとか、黒軸のペンとかもいいなぁ。


*************************
↓ランキングに参加しています。
よかったらクリックしてください。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
万年筆:  トラックバック(-)  コメント(2)
2011'03.19.Sat

お見舞い申し上げます

震災の直前の土日、私は妹と仙台-作並の温泉旅行に行っていました。
宮城に行くのはこれで三度目でした。
最初は仙台-作並-松島、
二度目は白石-仙台-秋保を旅行しました。

私は笹かまが好きです。ずんだ餅が好きです。仙台で牛タンを初めて食べて牛タンも好きになりました。
緑溢れる仙台の街が好きです。美しい松島の光景が好きです。
渓谷を眺め山の中で癒される宮城の温泉が好きです。
政宗公が好きです。あったかくて優しい宮城の人が好きです。

また行きたい、と行くたびに思います。
ほんの数日前に自分が歩いて楽しませてもらった土地が被ったこの大災害に、ショックで心苦しい気持ちがいっぱいになってしまってとても気落ちしていました。

私自身は勤め先に居て、築何十年と経つ社ビルの危うさから、近くの公園で揺れがおさまるまで全員一時避難しました。
その後、帰宅困難であったため会社に泊まり、日付が変わった深夜に動き出した電車に乗って途中駅から歩いて帰宅しました。
自宅は無事で、家族も土曜日夜には全員が帰宅することができました。
食器などの破損はありませんでしたが、2階の自室はぐっちゃぐちゃになってました。
重いものが全然違うところに転がってたり、本棚の中のものが全部飛び出して山になってたり…。
幸いにして万年筆やインク瓶は全て無事でした。
たくさんの紅茶のリーフも、ティーポットも無事でした。


震災やそれに伴う色々な事柄へ、たくさん思うことはあります。
でもそれをブログで書くのはやめておきます。
上手く言葉にできない、というのもありますけれども…

宮城のみならず震災と津波の被害に遭われた全ての被災地の方々へ
心からお見舞い申し上げるとともに、一刻も早い復興を心底祈っています。
またそのために自分が出来ることをひとつでも多く探して、小さいながらもご協力できればと思っています。

日々:  トラックバック(-)  コメント(0)
2011'03.18.Fri

万年筆インクの誘惑

せっかくだから色インクで楽しみたい、って思ったらあっという間に増えてた。
インクとペンの軸の色の組み合わせとかフローとか、いろいろ考えることはたくさんあるみたい。でもまだそれが明確に掴めるほどわかってるわけじゃない。

ネットだと実際の色と見本の画像の色が少し違って見えるので
やっぱり店頭で色見本見せてもらうのが一番いい。

増えすぎて使いきる自信が全くないので、
ツイッターのフォロワーさんとインク小分け交換させてもらうことになった。
インクの寿命はそんなに長くないらしい…(´・ω・`)

●現在の所持インク

・KobeINK物語
塩屋ブルー・海峡ブルー・摩耶ラピス・六甲グリーン・三宮パンセ・須磨海浜ブルー(未開封)

・色織々
時雨・匂菫・蒼天・海松藍(未開封)

・色彩雫
紺碧

・限定
伊達紫・日本橋紫

・セーラージェントルインク
ブラック(「星に願いを」に付属してた)

・ペリカン
BBがあるはず…(震災で部屋がぐちゃぐちゃになって行方不明。たぶん机と壁の隙間に落ちたっぽい。←手が届かない)

あとは父のモンブランロイヤルブルー。
(使って、と頼まれてる。)


見事にセーラー寄り。そして青と紫が多すぎる(笑)


*************************
↓ランキングに参加しています。
よかったらクリックしてください。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
万年筆:  トラックバック(-)  コメント(0)
2011'03.17.Thu

セーラー万年筆「島桑」と新クリップの魅力

趣味文19のセーラー100周年特別編集号が
三越万年筆展で配布されてたのを今読んでる。

島桑のデザイン結構好きだ。
特に、ペン先のデザイン・錨クリップ・キャップの蒔絵が好き。
ベスト型でストンとしたフォルムも、木軸と金金具の色合いもいいと思う。
買わないし買えないけど…

100周年キャンディも新柄がかなり可愛くてこれは買ってしまうかも(*´∀`)
価格的にステンレスなのは仕方ない、カートリッジ専用なのは残念だけど
そもそも元祖キャンディがカートリッジだったみたいだし。
写真見る範囲では、復刻スカイブルー、イカリ、トレードマーク&イカリを狙ってみる。

5月には銀座の伊東屋さんでキャンディの先行販売イベントもあるらしいから楽しみ。


そういえば島桑で使われてる錨クリップって「新デザインの」と書かれてるけど、
もしかして今後のセーラーのペンはこのデザインになるのかな?
だとしたらすごく嬉しい!
超歓迎します!楽しみだ~(*´∀`)
って呟いたら
セーラーショップのアカウントから、

「島桑のクリップですが、まだ具体的な商品は決まってませんが、
 今後の商品に展開して行く予定です!
 あのクリップをセーラー商品の新しい顔にしたいと思っています。」

ってリプライ頂きました!(*´ω`*)
セーラーさん楽しみに待ってます!


・セーラー万年筆100周年記念「島桑」


(このエントリーは、この日のTwitterでのツイートをまとめたものです。)

*************************
↓ランキングに参加しています。
よかったらクリックしてください。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
万年筆:  トラックバック(-)  コメント(0)
2011'03.16.Wed

インク工房と三越日本橋「世界の万年筆展」

万年筆にハマって、インクが増えて…(現在手持ち11瓶です)
次はオリジナルな何かを作りたいと思うのは至極当然の流れに思えますえへへ(*´ω`*)

というわけで、
日本橋三越の「世界の万年筆展」で開催されている、
セーラー万年筆のインク工房に行ってきました。

万年筆にハマってから、あれこれブログを読み漁っていると
必ず目に留まる「ペンクリニック」と「インク工房」。
いつかは自分も行ってみたいな~、と思いつつ
ブログで読むインク工房製のオリジナルインクはどれもみんな
イメージが明確だったり名前がおしゃれだったり思い入れもありそうだったり
とにかく皆さまのこだわりがかっこいいんです。

そういうものを読んで、自分も作りたいと思い始めた時は
やっぱりそれなりにこだわって作りたいな、なんて
初心者ながらに無謀にも目標高く持ってしまったりして。

自分が好きな色はブルー。
その中でも空の色が好き。
ブルーのインクは市販でも多いけど、自分だけの空の色を…

そこまで考えるのは楽なんだけど、その先のイメージを固めるのに四苦八苦して
結局最初にインク工房に行く機会(丸善の万年筆展)では
作ってもらうのを保留にしました。


で。

今回はこんな感じ。

インク工房「夜明(Bluehour)

付けた名前は「夜明(Bluehour)」。

夜が明ける直前の、濃い青から薄い青へと変化する空の色です。

名前は、「彼は誰」と「薄明」と「BlueHour」とそのまま「夜明け」と迷って迷って
石丸先生もすっごく色々考えてくださって、
「ブルーアワーという言葉が色イメージに近い」という先生の言葉と
「日本語で名付けたい」という自分の要望を合わせることにしました。
あと、「彼は誰」は他に数人がすでに作っている名前らしいけど、
「Bluehour」は今までいなかった、って教えてもらったのもある。
薄明だともう少し明るくなった、朝陽が差す直前、ってイメージかな。

作りたい空の色はたくさんあって、何を最初にお願いするかも迷ったけど、
震災があったりして今のとても大変な状況のなかで、
「夜明け」というキーワードは自分の中で最初の一歩かな?と思ったのでこれにしました。

明けない夜はないんだよ。
夜明けは出発のときだよ。


写真だと暗くなっちゃったけど、もっと明るいところは明るく出るグラデーションです。



ただ…、すっごくうっかりしてたんだけど
大好きなKobe INK物語の「塩屋ブルー」にすっごい似てました…(;´∀`)あちゃー
塩屋ブルーは普段EFで書いていて、
インク工房での試し書きはふでDEまんねん(超太字みたいに出る)で書いたので印象が違ってみえたんです…
塩屋ブルーを持ってるって伝えていれば違った色味になったかも。
または色見本を持っていくとか?
自分の持ってるインクの色んな表情(ペン先やフローで変わる)を
もっとちゃんと勉強しなければっ!って感じました。


夜明と塩屋ブルーの比較


でも、インク工房はとても楽しかった!
カラーチャートみたいな色見本も用意されているので、
イメージが曖昧でも、こんな感じの…と言えるから
作ってもらうのはそんなに堅苦しく考えなくていいのかもしれない。
(私はカラーチャートを見ると逆に迷っちゃうタイプ)

まだ他にも作ってもらいたいイメージの空があるので(笑)次の機会があればまた行きたいです。



----------
上の写真はペリカンM620 Mニブ
下の写真はペリカンM205 EFニブ


*************************
↓ランキングに参加しています。
よかったらクリックしてください。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
万年筆:  トラックバック(-)  コメント(0)
2011'03.09.Wed

ふらふらと伊東屋へ寄り道 - 万年筆の誘惑

今日は寄り道しないー、と思ってたのに気が付いたら伊東屋で万年筆見てた(´・ω・`)
長居しないって思ったのに1時間ウロウロしてた(´;ω;`)自分のばかばか

デラックス漆のダークブルーがカタログで見るよりずっと素敵な深めの青だった。
金トリムもシンプルで上品だった。
試し書きした感じだと、FがEFみたいな極細でカリカリして硬めの書き心地。
MはFから比べるとすごく太く感じて、するするした書き心地だった。

あと、やっぱりグランセ書きやすい。
グランセのFは何度試しても書きやすいって思う。
ニブの彫りも可愛いよね。

今年の限定カラーの藤、すずらんもいいけど、去年の桜もやっぱり気になる。
桜は地元の文具店に1本Fが残ってたんだ…


(このエントリーは、この日のTwitterでのツイートをまとめたものです。)

*************************
↓ランキングに参加しています。
よかったらクリックしてください。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

 ←デラックス漆。パイロットのカタログの写真はもったいない感じが多い…
万年筆:  トラックバック(-)  コメント(0)
 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。