--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2011'08.24.Wed

2012年の手帳 オレンジエアライン

Loftで見つけた2012年手帳があまりにもツボ過ぎて、
会社用とプライベート用と両方買っちゃった!( ´ ▽ ` )

9月始まりとはいえまだ手帳商戦始まってないのに気が早すぎるけども気にしない(^з^)

今日買った手帳をかなり気に入ってるので、
プライベート手帳は去年一昨年とほぼ日を使ってたけど、今年は買わないかもしれないー


会社用。

洋書の革風の皺加工、ネイビーに金箔押しの小さいタイトル。
色がツボ過ぎる!小口の三方金が可愛い!
栞紐も濃緑と淡ベージュの2本で凝ってる( ´ ▽ ` )
マンスリー+1週間レフトのバーチカル。
右側メモはドットのみでフリーに使えるのが良い。

オレンジエアライン 2012年手帳


プライベート用も会社と同じデザインの小さいサイズにしようか迷ったけど、
こっちも可愛くて諦めがたかった( ´ ▽ ` )
触り心地いい表紙に金ペガサス。
ちょっとPOPだけどきれいで優しい水色なので好み。

オレンジエアライン 2012年手帳

オレンジエアライン 2012年手帳

栞紐はネイビーと水色で表紙に合ってる。
スケジュールページの文字や罫線のデザインがアンティークな雰囲気で好き!
マンスリー+レフト式。右メモは罫線。
縦長サイズの手帳は初めてだけどまあ使えるとおもう。

オレンジエアライン 2012年手帳


渋谷ロフトの2012年手帳はオレンジエアラインってMADE IN JAPANのメーカーのが
どれもこれも可愛くて好みだった!♪( ´▽`)
買った2種類以外にも、ボーダーに金ロープリボンのマリンテイストも可愛かったし、
文房具がプリントされてる薄い手帳も気になったw





(このエントリーは、この日のTwitterでのツイートをまとめたものです。)

*************************
↓ランキングに参加しています。
よかったらクリックしてください。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
スポンサーサイト
日々:  トラックバック(-)  コメント(2)
2011'08.23.Tue

ヒーローのようなかっこよさ。ペリカン M200デモンストレーター レッド

新たにお迎えした双子ペリカンさんです( ´ ▽ ` )ノ かっこいー!

ペリカン M200 デモンストレーター

ペリカン M200 デモンストレーター

ペリカン M200 デモンストレーター


M200デモンストレーター ダークレッド。
深みのある透明な赤が美しい!
女性的というよりも男性的な、かっこいい赤軸です。

同シリーズ3色目、銀トリムと合わせると5色目(*´ω`*)
次はダークグレーを狙っています(笑)




*************************
↓ランキングに参加しています。
よかったらクリックしてください。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
万年筆:  トラックバック(-)  コメント(0)
2011'08.23.Tue

レトロな空気 丸善アテナインキ復刻セピア

本日の購入。
丸善アテナインキ復刻セピア。
他にコンバーター二つと、その他。

丸善アテナインキ 復刻セピア

このインク壜がいい!
茶色インクをどれにしようかずっと探していたんですが、
このアテナを定番にしようと思ってます。
何故かというと壜が可愛いから(*´∀`)

セピアといっても淡いセピアではなくて、
色見本では赤みのあるはっきりした茶色、っていう印象。

以前、モンブランセピアを小分けで頂いて使っていたんだけど、
モンブランセピアは優しい薄めのセピアという印象だった。
ただペンの中で少しずつ蒸発して濃くなってくると
なかなか深みのある鮮やかな茶色になるのであれはあれで捨てがたい。


そして今日、
新たにお迎えした双子ペリカンさんです( ´ ▽ ` )ノ
かっこいー!

ペリカン M200 デモンストレーター レッド


ダークレッド、という感じの色合い。かっこいい!(*´ω`*)
想像以上に落ち着いた色なので使いやすそうです。

同シリーズ3色目、銀トリムと合わせると5色目になるのです。
次はダークグレーを狙います(笑)





(このエントリーは、この日のTwitterでのツイートをまとめたものです。)

*************************
↓ランキングに参加しています。
よかったらクリックしてください。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
万年筆:  トラックバック(-)  コメント(0)
2011'08.20.Sat

スワロフスキーで何をつくろう…?

部屋の片づけしてたら
超大量にスワロフスキーのビーズが出てきてね…

3mmとか4mmもあるけど、6mm8mmとかオクタゴンとか20~40mmボールやら雫型もわんさと…
未開封ばっかり…トータルでモンブランが2本買えちゃうくらい…
スワロビーズが山ほどあるのは理由も分かってるんだけど、
総額考えてちょっとぞっとした…
それを机の引き出しの奥に積んでそのままにしてたのが頭抱えたくなる感じ…(´・ω・`)


とりあえず使わないことにはどうしようもないので、
またサンキャッチャー作りに取り組んでみようかな。と思う。
おいおい時間を見ながら…

この山が最後か…と思ったビーズ箱のさらに奥にも箱があった…((((;゜Д゜))))ガクガクブルブル 
作りかけのサンキャッチャーまで出てきたよw 
当時の私は何を思ってこのビーズ群を仕舞いこんだのか…

天然石ビーズまで出てきた Σ(゜д゜lll)
スワロビーズは覚えてたけど、天然石ビーズは全く覚えてなかった。
なんでこんなに買ったんだろう…

しかもシトリンがやたらと多い。
なんで…?金運…???


以前自作したサンキャッチャーの写真。
いまも部屋の窓に飾ってある。

サンキャッチャー

サンキャッチャー

サンキャッチャー


サンキャッチャーに光が当たると、部屋がこうなる。

きらきらの部屋





*************************
↓ランキングに参加しています。
よかったらクリックしてください。

ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨


サンキャッチャー:  トラックバック(-)  コメント(0)
2011'08.13.Sat

ロゴ入り万年筆

ある会社のロゴが入った西ドイツ時代の未使用万年筆を落札した。

ロゴは彫りに金インク流しだった。(ああいう刻印はなんて呼ぶんだろ)

父にあげたら「どうしたのこれ!?」と喜色満面で、さっそくインクを通したらしい。

定年退職した父が勤めた会社のロゴ。
長い間お疲れ様でした。




モンブラン ターコイズでなんとなく落書き。
見ているだけで元気になる鮮やかで素敵な色だ。
好き過ぎる。愛してる!モンブランターコイズラブー!

無くなったらどうしよう、しかし使いたい、でも使ったらなくなっちゃう、のエンドレスループ。
廃番インクの悲しさよ。・゚・(ノД`)・゚・。




(このエントリーは、この日のTwitterでのツイートをまとめたものです。)

*************************
↓ランキングに参加しています。
よかったらクリックしてください。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
万年筆:  トラックバック(-)  コメント(0)
2011'08.07.Sun

ついにモンブランに手が出た&パーカー緑軸に手が出た

趣味文20の青軸特集と白軸特集から目が離せません。
アオラーですがしかし、青軸特集に載っている軸で
ドスンと打ち抜かれるのはすでに持っている03と04なのですよ。ふははは
あ。でも08と15はちょっといいな、と思った。08は手が出る値段じゃなかったけど。
白軸なら42だ。手が出る値段じゃn…(略

小日向さんの文字といい、使いこまれた道具といい、雰囲気といい、全てがかっこいいなぁ。
手書きの文字を書く、という行為自体に改めてちょっと感動をもらうような、そんな趣味文20でした。


本日新しくお迎えした万年筆を撮ったよー( ´ ▽ ` )ノふはは

モンブラン 144 & パーカー デュオフォールド グリーンマーブル


パーカー デュオフォールド インターナショナル。
緑軸は基本食指が動かないんですがグリーンマーブルの美しさは別格!
深いグリーンが綺麗です。

パーカー デュオフォールド グリーンマーブル


初モンブランは144。
細い軸が持ちやすくて手に馴染みます。
Mニブのシールが残ってたから、頑張ってきれいにします( ´ ▽ ` )ノ

モンブラン 144


144の純正コンバーターだぜ!( ´ ▽ ` )…って思ったら、
あれ?この中に転がってるバネ、なあに…?Σ(゜д゜lll)
え…あれ?まさか私壊した?!

モンブラン 144 純正コンバーター

って青くなってたらTwitterで、
バネは棚吊り防止に初めから入ってるものだと教えて頂きました(笑)
何にも知らなくてお恥ずかしい…、ほっとしました。


デュオフォールドのグリーンにはモンブランのレーシンググリーンを。
モンブラン144にはとりあえずモンブランのロイヤルブルーを入れました。

カメラの充電が切れちゃってたからiphoneで撮影したので、
そのうちデジカメでちゃんと撮り直したい気持ち…。




(このエントリーは、この日のTwitterでのツイートをまとめたものです。)

*************************
↓ランキングに参加しています。
よかったらクリックしてください。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

 ←趣味の文具箱Vol.20
万年筆:  トラックバック(-)  コメント(0)
2011'08.06.Sat

メルツクレルと格闘中

メルツクレルとの格闘。
水に漬け置き、ビタミンC漬け置き、中性洗剤漬け置き。今乾かし中。

まだペン先から色が滲むので、洗いきれてないです…(´;ω;`)
さらに、何故か尻軸を回すとネジのところ(ようは尻)から濃厚なインクが洩れでてくるという特別仕様です。
なんでそこから?!って感じです…

というか、修理レベル…(´・ω・`)

ニブはいい感じの書き味なのでなんとか使えるようにしたいなぁ…


*************************
↓ランキングに参加しています。
よかったらクリックしてください。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
万年筆:  トラックバック(-)  コメント(0)
2011'08.06.Sat

大好きなカンダミサコさんのペンシース

注文していたペンシースが届いたよー☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

カンダミサコさん大好き!
思い入れの強い、特に大事にしたい万年筆はカンダミサコさんのペンシースにいれることにしてる。
3月の震災の日にも「星に願いを」を守ってくれた。

カンダミサコさんのペンシース

今回はミコノス、パールグレー、ダークブルーを追加。

せっかくなので手持ちペンシースを並べてみた。
上から
ネイビー(クラシック)、
ダークブルー、
ブルー、
ミコノス、
ジーンブルー、
パールグレー、
エッグシェル。

カンダミサコさんのペンシース


次の機会にはスカイとかアイリスとかいきたい。
あとクラシックシリーズの感触がすっごく好きなので、
似合う万年筆が手に入ったら集めたいなー




(このエントリーは、この日のTwitterでのツイートをまとめたものです。)

*************************
↓ランキングに参加しています。
よかったらクリックしてください。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
万年筆:  トラックバック(-)  コメント(0)
2011'08.06.Sat

日本最高峰の富士、その麓の透き通った湖面


プラチナ万年筆の#3776の名前の由来

#3776(サン・ナナ・ナナ・ロク) は、『ミスター万年筆』と称された作家、故梅田晴夫氏と研究グループにより「理想の萬年筆」を作るべく設計されました。1978年に発売されて発売後6ヶ月で15万本もの売上を記録して以来、多くの愛好家を持つベストセラー万年筆です。
 名称は、日本最高峰の品質を目指し、富士山の標高を表わす数字にちなんでつけられました。


本栖の名前の由来

2011年9月『#3776 CENTURY』の発売を記念して、7月1日より透明ボディの『本栖(もとす)』をシリアルナンバー付の限定2,011本にて世界同時発売致します。 「本栖」 は富士五湖の中でも最も透明度の高い湖である本栖湖に由来し、名付けた、CENTURYのスタートモデルです。

(いずれもプラチナ万年筆のWEBサイトから引用)



そんな#3776本栖を買いました。
シリアルは0330/2011。
字幅は中字です。

字幅については6/15あたりの葛藤とか、
本栖を買った理由は7/2あたりとかでつぶやいてます…。

#3776本栖

専用の箱。真っ白のケースがきれい。
本栖の透明軸に合ってます。

#3776本栖


#3776本栖

本栖はカートリッジ/コンバーター両用です。
プラチナ万年筆の金色コンバーターは、本栖に合うの合わないのと話題になってましたが、私は平気。
合わないとまでは思わないし、華やかさが添えられていい感じじゃないかと思う。
銀色で統一したい人の気持ちもわかるし、金銀選べたらそりゃいいよね、とも思うけど。

折角の透明軸×コンバーターなので、以前からやってみたかったことをようやくやってみました。

#3776本栖

コンバーターにネイルシール。

つまり、中屋万年筆の蒔絵コンバーターもどき。


#3776本栖

こんな感じで、雪の結晶柄です。
本栖のためにネイルシール通販しました(笑)
今の時期、雪柄なんて見かけなくてね…。

#3776本栖

インクも本栖のために買ったセーラー色織々「雪明」です。
雪明はかなり明るい水色なのでコンバーターの中でも黒くならなくて、透き通った青がすごくきれい。
陽に当ててキラキラしているコンバーターのなかの雪明の色がすごく良くて、我ながらナイスチョイスだと思ってる(笑)
涼しげだけど冷た過ぎない印象で、夏でも冬でも見ていて楽しい。


本栖×雪の降るコンバーター×雪明 = 冠雪富士の映る湖面


のイメージなのです(*´ω`*)


#3776本栖


プラチナ万年筆 本栖


*************************
↓ランキングに参加しています。
よかったらクリックしてください。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ


 ←ナガサワ文具センター

万年筆:  トラックバック(-)  コメント(2)
2011'08.05.Fri

茶縞の仲間入り? ペリカン#400メルツ&クレル

1970年代に作られたメルツクレルと思われるペリカン400茶軸が届いた。

写真が小さかったからそんな予感もしたんだけど、やっぱりボロボロw 
この汚れっぷりも逆に気軽に使える感じでいいのかも。
Mニブ、茶色のインクがほんの少し残ってた。

とりあえず水に付けて洗ってみます。
首軸まで、のお水で。

ペリカン #400 茶縞 メルツ&クレル

ペリカン #400 茶縞 メルツ&クレル

ペリカン #400 茶縞 メルツ&クレル

写真はiPhone4で撮った。青カビカメラひどいw


メルツクレルってインク容量が小さいって読んだのですが、
思った以上に尻軸が回らなくて驚きました。

尻軸のネジのところからもインクが出てきたり、
キャップの天冠からインクが出てきたりと、予想外で面白いです(笑)


----------12月に追記。

ちなみに、ユーロボックスさんに同じペンが掲載された(12月)ので
メルツクレルについての情報だけ自分用メモとして引用します。

素材:セルロイド
ニブの硬さ:軟らかめ
吸入方法:ピストンフィラー
寸法:収納時130mm / 胴軸径11.5mm
希少性:★★★★
ヴィンテージの400NNを復刻したもので、Mertz & Krell(メルツ&クレル)という会社で作られました。
日本ではオリジナルの400NNの評判が良かったため、ペリカン日本が復刻の要請を出し、
日本市場向けに発売されたといういきさつがあります。従って海外では珍重されているほどです。
これまで新旧さまざまの茶縞軸が作られていますが、これは赤みがかった茶縞で、
半透明部が非常に薄いグリーンになっていていずれの茶縞とも違う色合いです。
ペン先はオリジナルの#400NNとはまた違った感触ではありますが腰があって弾力があります。





(このエントリーは、この日のTwitterでのツイートをまとめたものです。)

*************************
↓ランキングに参加しています。
よかったらクリックしてください。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
万年筆:  トラックバック(-)  コメント(0)
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。