青空銀河

忙しい日々にキラキラしたものが添えられますように

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インク工房と三越日本橋「世界の万年筆展」

万年筆にハマって、インクが増えて…(現在手持ち11瓶です)
次はオリジナルな何かを作りたいと思うのは至極当然の流れに思えますえへへ(*´ω`*)

というわけで、
日本橋三越の「世界の万年筆展」で開催されている、
セーラー万年筆のインク工房に行ってきました。

万年筆にハマってから、あれこれブログを読み漁っていると
必ず目に留まる「ペンクリニック」と「インク工房」。
いつかは自分も行ってみたいな~、と思いつつ
ブログで読むインク工房製のオリジナルインクはどれもみんな
イメージが明確だったり名前がおしゃれだったり思い入れもありそうだったり
とにかく皆さまのこだわりがかっこいいんです。

そういうものを読んで、自分も作りたいと思い始めた時は
やっぱりそれなりにこだわって作りたいな、なんて
初心者ながらに無謀にも目標高く持ってしまったりして。

自分が好きな色はブルー。
その中でも空の色が好き。
ブルーのインクは市販でも多いけど、自分だけの空の色を…

そこまで考えるのは楽なんだけど、その先のイメージを固めるのに四苦八苦して
結局最初にインク工房に行く機会(丸善の万年筆展)では
作ってもらうのを保留にしました。


で。

今回はこんな感じ。

インク工房「夜明(Bluehour)

付けた名前は「夜明(Bluehour)」。

夜が明ける直前の、濃い青から薄い青へと変化する空の色です。

名前は、「彼は誰」と「薄明」と「BlueHour」とそのまま「夜明け」と迷って迷って
石丸先生もすっごく色々考えてくださって、
「ブルーアワーという言葉が色イメージに近い」という先生の言葉と
「日本語で名付けたい」という自分の要望を合わせることにしました。
あと、「彼は誰」は他に数人がすでに作っている名前らしいけど、
「Bluehour」は今までいなかった、って教えてもらったのもある。
薄明だともう少し明るくなった、朝陽が差す直前、ってイメージかな。

作りたい空の色はたくさんあって、何を最初にお願いするかも迷ったけど、
震災があったりして今のとても大変な状況のなかで、
「夜明け」というキーワードは自分の中で最初の一歩かな?と思ったのでこれにしました。

明けない夜はないんだよ。
夜明けは出発のときだよ。


写真だと暗くなっちゃったけど、もっと明るいところは明るく出るグラデーションです。



ただ…、すっごくうっかりしてたんだけど
大好きなKobe INK物語の「塩屋ブルー」にすっごい似てました…(;´∀`)あちゃー
塩屋ブルーは普段EFで書いていて、
インク工房での試し書きはふでDEまんねん(超太字みたいに出る)で書いたので印象が違ってみえたんです…
塩屋ブルーを持ってるって伝えていれば違った色味になったかも。
または色見本を持っていくとか?
自分の持ってるインクの色んな表情(ペン先やフローで変わる)を
もっとちゃんと勉強しなければっ!って感じました。


夜明と塩屋ブルーの比較


でも、インク工房はとても楽しかった!
カラーチャートみたいな色見本も用意されているので、
イメージが曖昧でも、こんな感じの…と言えるから
作ってもらうのはそんなに堅苦しく考えなくていいのかもしれない。
(私はカラーチャートを見ると逆に迷っちゃうタイプ)

まだ他にも作ってもらいたいイメージの空があるので(笑)次の機会があればまた行きたいです。



----------
上の写真はペリカンM620 Mニブ
下の写真はペリカンM205 EFニブ


*************************
↓ランキングに参加しています。
よかったらクリックしてください。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

Comments - 0

Leave a reply

About this site
忙しい日々にキラキラしたものを添えて、小さなときめきを。/サンキャッチャーとアクセサリー作り、万年筆と紅茶、日々のことを綴っています。
About me
創作活動はサンキャッチャーとアクセサリー作り。
販売は主にminneで行っています。
キラキラと輝くサンキャッチャーの癒やしを取り入れながら
大人シンプルかわいいを目指したアクセサリーで、身近なところから小さな癒やしを見つけてほしいなとおもっています。

日々のこと、万年筆、紅茶や雑貨なども気の向くままに綴っています。


.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚
*サンキャッチャーのオーダー*
*承ります*


ハンドメイドのサンキャッチャーを作っています。

フルオーダー、カスタムオーダーや、
定番品のご注文を承っています。
メールフォームからお気軽にお問い合わせください。

・四年制大学芸術学部美術科デザイン専攻卒業

.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。