--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2011'03.19.Sat

お見舞い申し上げます

震災の直前の土日、私は妹と仙台-作並の温泉旅行に行っていました。
宮城に行くのはこれで三度目でした。
最初は仙台-作並-松島、
二度目は白石-仙台-秋保を旅行しました。

私は笹かまが好きです。ずんだ餅が好きです。仙台で牛タンを初めて食べて牛タンも好きになりました。
緑溢れる仙台の街が好きです。美しい松島の光景が好きです。
渓谷を眺め山の中で癒される宮城の温泉が好きです。
政宗公が好きです。あったかくて優しい宮城の人が好きです。

また行きたい、と行くたびに思います。
ほんの数日前に自分が歩いて楽しませてもらった土地が被ったこの大災害に、ショックで心苦しい気持ちがいっぱいになってしまってとても気落ちしていました。

私自身は勤め先に居て、築何十年と経つ社ビルの危うさから、近くの公園で揺れがおさまるまで全員一時避難しました。
その後、帰宅困難であったため会社に泊まり、日付が変わった深夜に動き出した電車に乗って途中駅から歩いて帰宅しました。
自宅は無事で、家族も土曜日夜には全員が帰宅することができました。
食器などの破損はありませんでしたが、2階の自室はぐっちゃぐちゃになってました。
重いものが全然違うところに転がってたり、本棚の中のものが全部飛び出して山になってたり…。
幸いにして万年筆やインク瓶は全て無事でした。
たくさんの紅茶のリーフも、ティーポットも無事でした。


震災やそれに伴う色々な事柄へ、たくさん思うことはあります。
でもそれをブログで書くのはやめておきます。
上手く言葉にできない、というのもありますけれども…

宮城のみならず震災と津波の被害に遭われた全ての被災地の方々へ
心からお見舞い申し上げるとともに、一刻も早い復興を心底祈っています。
またそのために自分が出来ることをひとつでも多く探して、小さいながらもご協力できればと思っています。

日々:  トラックバック(-)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。