--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2011'09.03.Sat

夜色のカクテル万年筆 東京限定エイジアンウエイ

本日お迎えしたもの。

・デラックス漆旧型Fニブ
・インク工房オリジナルインク
・東京限定エイジアンウエイ

銀座伊東屋さんでセーラー100周年記念イベントやってたので行ってきた。
イベントはインク工房と、エイジアンウエイの先行販売。

(エイジアンウエイは「エイジアンウェイ」だと思ってたら「ウエイ」だった。
 「キャノン」じゃなくて「キヤノン」みたいな感じか。)
(でも呼ぶ時はつい「エイジアンウェイ」って言っちゃう…(´・ω・`)ごめんなさい)


伊東屋でセーラー販売員さんと散々お話しした。すっごくいい人だった。
カクテルシリーズは今後も継続していきたい、
そのためにはまずエイジアンウェイが好評じゃないと続かない、
今後プロギアで出すカクテルもあるかも。とのこと(´・ω・`)


東京限定 エイジアンウエイ


エイジアンウェイは濃い青紫の深い軸色。
青要素が強く見える。
青々していなくて、濃い目なのでスケルトンっぽくないところが
逆に全体に深みを出してるのかも。

直前に発表されてたエイジアンウェイプロギア画像のようなもう少し明るい青なら、
グラスの中の透明感のあるカクテルらしさも出たんじゃなかろうか、
天冠尻軸のクリアと色の差があり過ぎてもったいないですねって話したら、
1重と2重で色が変わっちゃって…って言われた(笑)
1重の時の色が本当は狙った色だったみたい。
キャップを透かしてみる時の色。


東京限定 エイジアンウエイ


Twitterの自分のTL上では当時ちょっと不評気味だったんだけど、
事前告知でエイジアンウェイがプロギア軸って発表じゃなければ
プロギア画像を作らなければ、(セーラーさん的に)
良かったんじゃないかなーと思います。

エイジアンウェイが、
つまりカクテルシリーズのイメージとして最初の1本目が、
プロフィットの形状(=グラスに見える)であることは、
後付けなのかもしれなくても、何も知らない人からすれば納得の要素なんだと思う。


とりあえず今のところ後悔はしていない。
軸色が好みだったのと、プロフィット21を持ってないので。
ただ、やっぱりプロギアならなぁという気持ちは捨てられず、
インクを入れるのには時間がかかるかも。
(バランス型よりもベスト型が好き、プロギアでクリア天冠に錨マークを見てみたかった)

エイジアンウェイの言われちゃう部分については大いに頷けるし、
私自身もプロギアでも見たかった、と残念に思う部分はあります。

でも、いいペンですよ。きれいな色です。青が好きならいいと思う。
プロフィットにバイカラーニブは珍しいらしいし。
(伊東屋さんでは、プロフィット×バイカラーニブが珍しいからという理由で買っていかれる方が多かったそうです)


東京限定 エイジアンウエイ


あとね。
透明部分はね、ノートの上に置くと見えなくなるんですよw

バランス型のくせしてベスト型を模す不思議なペンでしてね。
割と可愛いよ。

残念なイケメンっつーか、
大型犬タイプのイケメンっつーか。
(´・ω・`)な顔したイケメンつーか。



他に、女子色DaysシリーズみたいにWEB受注生産でいいから、
カクテルシリーズインクを別注できるようにするといいんじゃないかしら。
インク工房に行けない人もいるし。
……その前にエイジアンウェイが東京限定だけど。
ってことは今後のカクテルはもしかして地方限定なのか?



同日に届いたデラックス漆旧型についてはまた後日~


東京地区限定万年筆「エイジアンウエイ」(カクテルカラー・限定200本)




(このエントリーは、この日のTwitterでのツイートをまとめたものです。)

*************************
↓ランキングに参加しています。
よかったらクリックしてください。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
万年筆:  トラックバック(-)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。