--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2009'01.17.Sat

マスキングテープ

雑貨的マスキングテープにハマったのは去年の10月頃だったかな?
たまたま本屋で「マスキングテープの本」をパラ見して知りました。

マスキングテープの本
マスキングテープの本

私のなかのマスキングテープのイメージといったら
薄ベージュ?のテープで、
太さは大小様々、数mmのものから数cmのものまであって
絵を描くときに絵の具がはみ出ないようにカバーしたいところに貼るもの、
というイメージしかなかったから、
この本で紹介されているカラフルなマスキングテープに驚いた!

雑貨的な使い方が紹介されてて、それがすごく可愛くて
自分にとって目新しい感覚だったんで、つい集めだしたら…止まらなくなった(笑)

毎年10~11月は忙しくて、
ストレス発散的な衝動買いをしてしまうことが多いんだけど
2008年はそれがマスキングテープだった、という…(*´∀`*)
(あと、消しゴムはんこもこの時期知った)


マスキングテープの魅力は、
・和紙でできてるので手で簡単に千切れる
・壁紙や紙、木、ガラス等どこにでも貼れて簡単に剥がせる
・剥がしてもノリが残らないできれい
・テープの上から文字が書ける
・水をはじくのでキッチンでもOK


柔らかい紙に貼るとちょっと剥がすの難しいかも。
表面がケバケバしている紙もダメ。

あと経年劣化というのがあって、数年放置してたりすると
ノリが残ることもあるみたい。


柄も種類が豊富で可愛いし、
自分の今の使い方だと、無地より柄のほうが使いやすいかな。
頻繁に使うわけじゃないから、使いきる前にテープが劣化しそう…
本当は埃と湿気を避けた保管がいいんだろうけど
しまいこむと私の性格上、使わなくなっちゃうから
いつも手に届くところに出しておきたいって思って
今はこんな感じで、スチールカゴに入れて好きな色選びながら使ってます。

マスキングテープ


雑貨的マスキングテープの使い方の紹介は、
mt(カモ井加工紙株式会社)
MASKINGTAPE.JP
が参考になります。
mtを実際に使っている人のアイデアを集めて載せてくれているので
自分では思いつかないようなおしゃれな使い方している人や
芸術作品を作っている人とかもいて、見ているだけで面白い。

自分は
・電源ケーブル等の名札(丸札代わり)
・衣装ケースの中身の札(冬物とか春物とか上着とか…)
・キッチンの瓶、缶の中身(岩塩とか塩とか砂糖とか、紅茶の銘柄とか)
・壁紙に写真やポストカードを貼って飾るテープ
・ちょっとしたメモとして付箋代わり
・クリアファイルのタイトルラベル兼背表紙

この辺は無地の薄い色が便利。

柄ものは
・ラッピングとか
・いらない箱を柄テープで装飾して再利用
・自分の持ち物に目印
・手帳やノートを飾ったり

とか、どちらかというと装飾用途かな。

・おにぎりの中身を色分け
・手作りお菓子の中身を色分け

とかこういう使い方もあるみたい!
マスキングテープ:  トラックバック(-)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。